お風呂を楽しむ♪

2万円で実現♪作家さん気分で仕事品質もUP!おススメ温泉ワーク◎



肩がこったな~
眼精疲労がもう限界…
仕事しててもイマイチ気がのらないな~、、、

こんな時ってありませんか?(笑)

そんなときに私が実践してきた、おふろにまつわるとっておきの方法をお教えしちゃいます♪

私自身が15年も前から実践している仕事の能率を飛躍的にUPするおすすめの方法です!

平日なのに温泉宿に仕事道具を持ち込んで籠っちゃおう♪大作戦 ~名付けて「温泉ワーク」~

実は私、毎月一回くらいは、仕事道具一式をもって、車で温泉宿に籠って仕事をする…ということをしているんです。

例えば月曜日から水曜日まで2泊3日位の時もあれば、月曜日から金曜日まで4箔5日位…つまり1週間まるまるってときもあったりして(笑)

豪華な温泉宿ではなくても十分!

長年のリサーチの結果、安くてもリラックスできて落ち着く宿をみつけてあるからです。(詳細は後ほど…)

もちろん、仕事がらや会社内でのいろんな調整で、そういったことが可能な環境を作るのには苦労をしました、、、

家族の理解を得るための努力も日々しています(汗

私の仕事は企画なので、時には徹夜で仕上げなければいけない企画書などもあります。

なので、就業時間云々も重要なのですが、いかに仕事の品質を上げるかが重要!

そういった環境を作ることで、どんなに重たい仕事でもリラックスしながら精神的な負担を軽減して取り組むことができることを発見したワケです♪

大小関係なく社長や取締役に着任されている方や、フリーランスの方、作家さんや資料作成の多い方…には本当におすすめの方法で

努めている会社の事務所に毎日行かなくてはならない…

なんて固定概念から”解放”され、仕事観が変わる事間違いありません!

では、私の場合…を参考までに記事にしてみますので、是非ともご一読下さい!

ちなみに今この記事は、静岡県の熱海温泉の宿で書いています♪

仕事をする平日なのに普段とは全く違う環境、景色、そして温泉☆

私が重視しているのは主に下記のポイント♪

条件1 値段が安いこと

私が予約する温泉宿は一泊朝食のみで5,000~10,000円の間です。
今記事を書いているこの旅館は一泊朝食のみ7,800円の宿で今回は2箔の予定で、その間に重要な企画書を1つ書き上げるのがミッションです。
夕食は最初のころは宿の夕食を食べてたのですが、気分転換に散歩しながら周辺の安くておいしいお店をさがすのも楽しくなってしまい、今はもっぱらそんな感じです!

まあとにかく、お金の事を気にすることなく何度も繰り返せることが一番ですね♪
※温泉宿に来ている間は飲みのお付き合いにも顔出せないのでむしろ出費が少なく済みますので一石二鳥です。

条件2 和室

普段は事務所のデスクの上で仕事するのが一般的ですよね!
環境を変えると言っても、せいぜいカフェやビジネスホテルといったところかと思います。
だからこそ、和室という環境は普段と全く違った景色の中で仕事ができるのでリフレッシュした気分で仕事に向かえます。

疲れたら後ろにバタンと倒れれば、背中を伸ばしてゴロゴロ出来ちゃう…なんて幸せなんでしょう♪(笑)

ポイント3 平日であること

ここ重要です。
平日の温泉宿は空いているのに安く泊まれるんです!
週末の半分くらいの金額で泊まれる宿が多く、人も少ないので温泉大浴場も貸切状態になることも度々♪
これって良くないですか??

しかも交通も空いているので移動も快適なんですよね~♪

職場や家族の理解を得る事ダケ…頑張ってください!!(笑)

ポイント4 拠点から近い

これも結構重要です!
近すぎると普段との切り離しが不十分、遠すぎると面倒になってしまいます。。。

いざというときすぐに事務所や自宅にすぐに戻れる…

この距離感が、罪悪感から解放され、気持ちにゆとりを得らるちょうどよい距離感(だいたい片道2時間位でしょうか)。

せっかくの温泉ワークもストレスがあったら台無しですもんね♪

ポイント5 近隣散歩が可能

海、山、牧場などの自然や、温泉街など情緒あふれる空間で、気晴らしの散歩などができる環境も重要です。
宿を一歩でれば即リラックス、小一時間程度でサクッと仕事に戻れる…、これも温泉ワークの醍醐味です!

散策中にいろいろなアイディアが浮かんだり仕事面にもメリットが大きいです♪

気晴らし最適
【東京ー熱海ドライブルート】温泉行くならクルマ派・バイク派の方へ

温泉行くならクルマ派ですか?バイク派ですか? それとも電車やバスなど公共交通派ですか? 唐突にスミマセン、、、(笑) 私は断然クルマ派です! バイクも憧れますが免許を持っていないので、、、 交通手段は ...

続きを見る

ポイント6 温泉大浴場がある

温泉ワークですから、やはり大きなお風呂につかりたい!!
出来れば天然温泉がイイですね。

私の場合は…

2~3時間仕事→30分温泉

というのを繰り返しながら

昼食を兼ねて散歩
夕食を兼ねて散歩

という形でローテーションさせます。

温泉が24時間入れる宿の場合は、夜も遅くまで仕事をして、温泉に浸かってはまた仕事、眠く成ったら寝る…という感じで気ままに仕事してる感じです。

温泉に入りながら企画をブラッシュアップするアイディアを考えたりもしてますね♪

ちなみに…

私がいつも持ち歩く”温泉ワーク”セットがコレ

①愛用のサーフェイスプロ3(ちょっと古いですかね~汗
②サーフェイス用マウス
③サーフェイス用電源ケーブル
④ポケットWi-Fi
⑤セカンドモニター(真ん中らへんの黒いパッド状のものがそうです
⑥セカンドモニターとサーフェイスをつなぐUSBケーブル
⑦セカンドモニター用電源ケーブル
⑧眼鏡(サーフェイスやセカンドモニターが小さめなので必需品ですww
⑨携帯充電ケーブル
⑩Wi-Fi充電ケーブル
⑪たこ足延長コード(コレ、何気に重要です
⑫スケジュール帳
⑬仕事用資料関係一式
⑭スマホ
⑮筆記用具

以上15点!!

点数は多いのですがすべてがコンパクトなので、バッグ1つで苦も無く持ち歩きできるんです♪

特にこのモニターは便利です♪
質素な作りで高級感はありませんが、とにかく軽くてコンパクト!!

左がセカンドモニターなのですが、サーフェイスプロより若干大きい程度で薄めのファイル位にコンパクトに収納できます。

[PR]

楽天市場でも買えるので、良かったらチェックしてみてくださいね~♪

まとめ

以上6点のポイントを踏まえ、ご自身にぴったりの温泉ワークセットを用意するだけで、充実した温泉ワークが楽しめます!

私の場合は職場も自宅も東京なので、静岡県伊豆の熱海か、群馬県の伊香保あたりが一番多いですかね。
箱根も圏内なのですが、熱海や伊香保の方が、リーズナブルな宿が見つけやすい印象です。

熱海であれば、伊藤園ホテルグループの往復バスサービスもありますし、電車でも東京駅から新幹線や東海道本線で直通、もしくは小田原経由で熱海という行き方も出来ます。
※伊藤園ホテルズHPより引用 https://www.itoenhotel.com/bus/

伊香保温泉なら、JR東日本グループのジェイアールバス関東株式会社のバスが東京駅もしくは新宿駅から直通で2時間半位。
運賃も片道2,500円~2,800円/おひとり様なので、割とリーズナブルです。
ちなみにに草津温泉まで行くことも出来るのですが、4時間くらいかかるから若干遠いですかね~。
※ジェイアールバス関東株式会社HPより引用 http://time.jrbuskanto.co.jp/bk03010.html

私は車で行くことが多いので、冬のシーズン(主に11月~3月)は伊香保温泉は避けています。
渋川駅から伊香保温泉に山を登っていく途中から急に雪が積もっていることもあり、普通タイヤでは登れなくなってしまうからです。
一度、雪で途中から登れなくなり、近隣のゴルフ場に1週間くらい車を預かってもらったことがあります(笑)
ゴルフ場のスタッフの方々には、ものすごく親切にしていただき、その節はありがとうございましたm(_ _)m

いかがでしたか~

皆様も是非試してみては!





-お風呂を楽しむ♪
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© おふろの時間 , 2022 All Rights Reserved.